衣類の寄付ならブランディア。送料無料で恵まれない子供たちへ

衣類の寄付ならブランディアをとおしてフィリピンの恵まれない子供達へ。ブランディアは洋服の寄付数世界No1です。ダンボールにつめて送り返すだけで送料など無料で寄付することが出来ます。
MENU

ブランディアは衣類の寄付、なんと世界No1!!

 

衣類の寄付をお考えでしょうか?

 

いらなくなった洋服や古着といった衣類の寄付ならブランディアがおすすめです。
ブランディアでは洋服や古着の買取金額の一部を寄付することが出来ます。

 

衣類 寄付

 

>>ブランディアについて詳しくはこちら

 

ブランディアはブランド買取サイトですが、衣類の寄付といった慈善活動、環境保護といったエコ活動なども熱心に推進している企業です。
ブランド品の買取だけではなく、着なくなった洋服やタンスの肥やしになっている古着などの衣類を、フィリピンなどの発展途上国の恵まれない子供たちや高齢者などに寄付していました。

 

2016年現在、ブランディアではフィリピンへの衣類・古着の寄付活動は終了しています。
代わりに買取金額の一部をさまざまな団体に寄付するという活動を継続しています♪

 

 

衣類 寄付

 

ブランディアはずっとこの衣類の寄付活動を続けていて、なんと2015年には洋服の寄付数が世界一になったそうです。
日本の企業が洋服の寄付数で世界一位になっているなんで、日本人の私も知りませんでした。
同じ日本人としてとても誇らしいですね。
ブランディアはCMもやっていてブランド買取サイトとしてとても有名ですが、衣類の寄付といった活動についてはあまり広告されていないので知りませんでした。
こういった衣類の寄付とかエコ活動などももっとアピールした方が、ブランディアのイメージもあがるだろうにちょっともったいないですね。
ブランディアは世界記録チャレンジプロジェクトとして、フィリピンなど発展登場国の恵まれない子供たちや高齢者への衣類の寄付活動を継続してきたそうです。
日本という恵まれた国に生まれてきた日本人として、ブランディアの衣類寄付活動を応援していきたいですね!

 

ブランディアの理念に共感される方は、ブランディア寄付活動について詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

衣類 寄付

 

 

ブランディアを通しての寄付は送料無料&ダンボールにつめて送るだけで簡単

 

2016年現在、ブランディアではフィリピンへの衣類・古着の寄付活動は終了しています。
代わりに買取金額の一部をさまざまな団体に寄付するという活動を継続しています♪

 

ブランディアを利用して恵まれない子供たちなどへの寄付活動をするのはとても簡単です。
買取金額の一部を寄付したい場合は、通常通りブランディアから無料査定キットを取り寄せて、届いたダンボールに寄付したい衣類をつめて送り返すだけです。
当然のことながらお金は一切かかりません。

 

衣類 寄付

 

もちろん、無料査定キットのダンボールを送ってもらう送料、送り返すときの送料も一切かかりません。
完全無料で、ダンボールにつめて送り返すだけで衣類の寄付が出来ます。

 

買取可能なものは一部を寄付できます

 

ただし、注意としてはブランディアでは、衣類・古着そのものを寄附する活動は終了してしまったということです。
現在では、古着や衣類そのものを寄附するのではなく、あくまでも買取金額の一部を寄付できるということになっています。
最初から寄付を目的としてブランディアを利用することは出来ません。
寄付のつもりで古着をブランディアに送ったのに・・・と勘違いしないように注意してくださいね。

 

以前は、ブランディアで衣類の寄付をする場合には、古着や洋服などの衣類をブランディアに送って無料査定してもらい、「買取不可」となった場合にフィリピンの恵まれない子供たちへ寄付することが出来ていました。
通常、「買取不可」だった場合、衣類は「返却」または「廃棄」を選択できるのですが、「廃棄」を選んだ場合に、まだ着れるものであればフィリピンの恵まれない子供たちへ寄付出来ていました。
現在では、買取可能なブランドものの衣類の場合、ブランディアが買取金額の一部をさまざまな団体に寄付してくれます。
ブランディアで衣類の寄付をしたいという場合は、この点だけ注意してください。

 

衣類の寄付など、寄付活動について詳しくはブランディア公式サイトをご覧ください。

 

衣類 寄付

ブランディアで寄付した衣類はどこへ行っていたの?

2016年現在、ブランディアではフィリピンへの衣類・古着の寄付活動は終了しています。
代わりに買取金額の一部をさまざまな団体に寄付するという活動を継続しています♪

 

衣類 寄付

 

ブランディアで寄付した衣類はどこへ行っていたのでしょうか?
買取不可だけどまだ着れる洋服や古着などの衣類はフィリピンの恵まれない子供たちはお年寄りへ寄付されていました。
寄付された衣類はフィリピンの首都マニラ北部のトンド地方の人たちの手にわたっていたそうですよ。

 

トンド地方は世界有数の人口密集地域で、とても貧しい地域らしいです。
TVでフィリピンの子供たちがゴミ山をあさっているシーンをよく見かけましたが、トンド地方というのはまさしくあれぐらいの貧困地域みたいですね。
本来なら学校にかよって遊びまわっているべき子供たちがゴミ山をあさらないといけないという状況に胸がつまりますね・・・。

 

ブランディアの衣類寄付は、そんなトンド地方の恵まれない子供たちへの寄付になっていました。
日本ではもう価値がないような古着でも、フィリピンのトンド地方の恵まれない子供たちにとってはきっと役に立つものなのだと思います。
タンスの肥やしになってしまっているような衣類があるのであれば、日本でゴミとして処分する前にブランディアを通して子供たちへ寄付したいですね。

 

こちらがブランディアから衣類を寄付されたフィリピンの子供達です。

 

衣類 寄付

 

洋服を寄付された子供達はとてもうれしそうですね。
なかには恥ずかしそうな表情の子もいますけど^^;

 

もう着なくなた古着や洋服を、こういった子供達が着てくれると思うと嬉しいですよね。
いらなくなった衣類は処分してしまう前にブランディアを通して子供達へ寄付したいですね。

 

こちらは2014年10月に開催されたブランディア「ギネス世界記録達成衣類寄付イベント」の様子です。

 

衣類 寄付

 

この時はフィリピンで台風被害があったので、被害を受けた人たち、500世帯に寄付をおこなったということです。
イベント開催時は好天に恵まれ、ブランディアのスタッフと現地の赤十字社のスタッフがいっしょになって一人ひとりに衣類を寄付したということです。

 

 

 

また、AKBの秋元才加さんも寄付活動に賛同してくれて、ファンクラブのTシャツを寄付してくれたそうですよ♪

 

2014年7月に衣類の寄付数の世界No1、ギネス記録を達成した時のイベントの様子はこちらです↓

 

 

古着約13万着をつめたダンボールをつかって、中学生が巨大アートをつくったというイベントです。
ニュースでも報道されたので知っている方は多いかも?

 

ブランディアはこういった衣類の寄付活動も熱心にやっているんですね。

 

衣類の寄付ならブランディア。送料無料で恵まれない子供たちへ

 

ブランディアは衣類の寄付活動以外にも環境保護活動や震災支援活動などにも取り組んでいます。
私達もいらない衣類を処分する前にブランディアに寄付することで貢献したいですね。

 

どうせ捨てるぐらいならブランディアを通して子供達へ寄付してしまうのも良かったですね。
現在ではフィリピンへの衣類・古着の寄付活動は終了してしまったということですが、現在でも買取金額の一部をさまざまな団体に寄附するという活動は続いています。
衣類の寄付など、ブランディアの寄付活動について、詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

衣類 寄付

このページの先頭へ
ライブチャットの小技「ライブチャット zeus」