MENU

使用済みのこども靴を寄付したい。処分するのももったいないから活用して欲しい。

使用済みのこども靴を寄付したい。処分するのももったいないから活用して欲しい。

 

使用済みのこども靴でも、寄付によって有効に活用することが出来ます。
穴が開いて使用済みとなったような靴は処分するほかありませんが、さほど履いていないのに子供の足が成長してしまって履けなくなった使用済みというような場合は、捨ててしまうのは非常にもったいないです。
従って自分のこどものサイズに合わなくなった靴でも、恵まれない発展途上国のこどもや、孤児院のこどもに寄付することによって有効に活用するという方法があります。
このような方向で有効に活用することで、様々な利点が生まれます。
当然ながら届いた先では喜ばれます。
孤児院などは支援を受けて運営されていても経済的にぎりぎりで運営されている所も多いですから、そういった先では使える中古品を無償で提供されることは非常にありがたいものなのです。
また、送った側も有効に活用してもらえることでほっとするものです。
あまり使っていないのに自分の子供のサイズに合わなくなったからと捨ててしまう場合、何となく損をしたような気持ちになってしまうのですが、寄付をして寄付した先に感謝されればこれほど嬉しいことはありません。
また、一度使用済の靴を送って、その先から感謝の手紙などをもらった場合、そのことがきっかけで交流が深まる場合もあります。
そして自分の家で不要になった靴以外のものを送るなど、物資の幅を広げていけば、送られる側の孤児院などにとってもメリットの多い交流となるのです。


このページの先頭へ
ライブチャットの小技「ライブチャット zeus」